FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロリー0の落とし穴

みなさん知っているだろうか・・・

カロリー0やノンカロリーと表記されてる商品は

カロリー0ではないんです。




次に「0キロカロリー」「ノンカロリー」「低カロリー」などの特定の栄養を強調させる表示ですが

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkino...

一般に栄養摂取が不足しているもの(カルシウム、鉄など)、とりすぎているもの(熱量、糖分、脂質など)に対して表示を強調したいときに、

基準が満たされていれば表示することができます。

 含まないのをの表示をする場合(無、ゼロ、ノン、レス)は食品100g当たり、熱量(カロリー)の場合は5kcal以下、脂質のの場合は0.5g以下

(いわゆるノンオイルドレッシングについて、脂質の含まない旨の表示については「0.5g」を当分の間「3g」とする)

この基準値より値が小さければ「0」と表示することができます。

 低い旨の表示をする場合(低、ひかえめ、小、ライト、ダイエット、オフ)は食品100g当たり、基準値より(当社他製品と比べてなど)

熱量なら40kcal(飲料の場合100mlあたり20kcal)、脂質なら3g以上減少していると、

「~より低減された」ような表現の表示をすることができます。

 ですから質問者の20キロカロリーですと0キロカロリーとは表示できませんが、別の同じ製品と

比べて食品100gあたり40キロカロリー以上低ければ「低カロリー」と表示できることになります。



なお、栄養成分が含まれていることについて表示をする場合は、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの順に表示され(この5つは必須)

カルシウムや鉄などの他の栄養成分は、ナトリウムの次に表示されます。

なので、ノンカロリーや低脂肪などを謳いたいときは、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの5つの表示が必要となります。



これより更にもっと栄養機能を表示を強調したいときは

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkino...

特定保健用食品(トクホ)、特別用途食品、栄養機能食品となります。



低カロリーなのは間違いないですが、カロリー0じゃありませんので注意です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

FC2ブログランキング

ネトマト掲示板
メールフォーム
相互リンクや、ご意見、動画削除されてる場合、FC2以外のブロ友からなんでもどーぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
アクセス数
プロフィール

俺だよ俺♪

Author:俺だよ俺♪
2008

11/18
ネトマト開設

カテゴリ
最新記事
最新コメント
掲示板ブログパーツ
最新トラックバック
検索フォーム
応援クリック
管理人の応援はこちら

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログスポンサー
リンクサポート
SEO対策、アクセスアップにオートリンクネットリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら弁天ツール
RSGで夢の月収100万
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。